EMS-ダイエット
ツインビートEMS正規取扱店ドラッグほうれん草   お問い合わせ窓口
EMSダイエットトップページへツインビート2ツインビートEMSよくあるご質問ご注文方法SHOP情報
トップページ > ツインビート2商品紹介 > 筋肉になる理由は!?

〜ツインビート2編〜
数年前から、EMSマシン、EMS運動、などという言葉が定着しつつありますが、
一言で「EMS」といっても、一般的に幅広い意味合いで使われています。 

EMS(Electrical Muscle Stimulation)とは、
電流を流して筋肉を鍛える運動法です。
その電流を流す、という意味でEMSと呼ばれる場合もありますが、
実際、筋肉トレーニングに使用されるべきEMSは、その電流の内容が
重要なポイントになります。
EMSとは?>>

ツインビート2搭載のEMS電流は?
EMS電流は、基本的に出力の調整によって運動の強さ等を操作します。
それ以外に電流の質や強さとして、周波数(Hz)、パルス幅(μs)、ON・OFF時間
(電流が流れる・止まる時間<秒>)の調節もできます。

ツインビートを使い始めは、まず搭載プログラムモードを、
日々EMS運動に慣れて電流の変化を付けたい、
若しくは、電流を本格的に調節してみたい!
などという場合には、マニュアルモードで、それぞれの数値を自在に
設定
できてしまうのが、ツインビート2の凄いところです。


マニュアル設定範囲図>>


〜本格的なプログラムが搭載されています。〜
ツインビート2搭載(必要な設定がされた)のプログラムモード
 ・筋トレモード(おなか・ふともも・ヒップ・せなか・うで)
 ・マイクロ電流モード(スキンケア・ほぐす・筋クール)
 ・リラックスモード(標準・おだやか)

しっかりしたプログラムモードが用意されているので、細かい設定は不要
初心者〜本格的まで、トレーニングはもちろん!それ以外にも幅広く対応します。

トレーニングは、ツインビート2 1台にお任せ!
ただ筋肉をピクピク動かすだけではない、最大出力80mAの
本格的な筋肉トレーニング

電流の強さ
(出力値……電流の量(単位:mA )
ツインビート2は最高出力値が80mAで、より本格的なトレーニングが可能です。
お腹の使用で平均50mAでのトレーニングを目指してください。
最初は20mAや30mAあたりの弱い出力でトレーニングをスタートさせてください。)
●本格的筋トレを求める方の場合は、
ツインビート2のEMS機能をおススメします!


鍛えたい箇所にパットを貼り、電源スイッチを入れ、
ツインビート2搭載のプログラム(6箇所)を選択して出力を上げる操作だけで、
ウォーミングアップからクールダウンまでやってくれてしまい、
とっても簡単。楽チン! 

コンパクト機械内に設定されたEMS電流を、皮膚から流し刺激することで効率よく
筋肉トレーニングすることができます。


運動=収縮
運動選手でない一般の方では、自発的運動で最大筋力を出し続けるのは、
一般的に3〜5秒くらいが限度と言われます。
EMS運動では、電気刺激で10〜15秒まで最大筋力を保ち、
筋肉の収縮が長く得られます。(ツインビート2は最大30秒まで設定可能)

●EMS運動の特徴
〜EMS運動は、強く、また長時間の収縮時間・運動が特徴です〜

●アスリートの方へもご使用いただけます。
この強い長時間の筋肉の収縮運動に加え、特定の筋肉のトレーニングが可能なので、余分な筋肉を付けたくないアスリートの方にもおすすめします。  


ツインビート2  

〜学校の体育の授業の始めには「準備体操」をしますよね〜

運動前に大切なウォームアップ(準備運動)と
運動後のケア、クールダウン(整理運動)は大切です。

ツインビート「筋トレ」モードの搭載プログラムには、
この準備運動とトレーニング後のケア、
つまり「ウォームアップ」と「クールダウン」が組み込まれ、
 ツインビート2内蔵のプログラムを選択して出力を上げる操作だけで、
この大切なステップを自動的に行ってくれます。

ツインビート2の筋肉トレーニングのプログラムは

というステップの組み合わせになっています。


 
ウォームアップ (準備運動)
軽い運動等で、運動できる状態を整える。

やらないと→運動効果が上がりにくく、故障や怪我の原因となりうる。

クールダウン  (整理運動)
強い運動後に軽い運動をすることで、筋肉の負担を軽くする。

やらないと→急に運動を停止することにより、筋肉の負担が残りやすい。

EMSトレーニング中にも必要な流れが含まれています。
EMS電流等により強い筋肉の収縮を10秒も続けると筋肉が疲労してきますので、運動中も筋肉を休ませる休止時間が必要となります。
ツインビートのトレーニングのプログラムには、筋肉を休ませる休止(OFF)時間が、EMS運動中のプログラムに組み込まれています。

”火事場の馬鹿力”的な筋肉運動
普通の人の場合、通常自分の意思で出せる最大の力は約11kgと云われています。
しかし日常での自発的運動ではそこまでの力は出せません。せいぜい7〜8kgぐらいが限度です。それをEMS運動ではその倍以上の17kgの力が引き出せます。

※「体育学研究:刺激電圧と電気刺激による筋力の関係」より

EMS電流刺激運動の仕組み
(ツインビート2初心者)・自発的運動で通常出せる力
 ⇒電流量では約30mA。

(ツインビート2に慣れた場合)・自発的運動で最大出せる力
 ⇒ 電流量では約50mA。

(本格的)・非常事態時に出る<火事場の馬鹿力>時の力
 ⇒ 電流量では約80mA。 (ツインビート2)
 

ツインビート2のマニュアル設定範囲


筋トレ
周波数 パルス幅 ON時間 OFF時間 出力
25〜100Hz 100〜400μs 0.5〜10秒
10〜30秒
1〜20秒
20〜60秒
0〜80mA

低周波
周波数 パルス幅 出力
1〜10 Hz100〜300Hz25〜100Hz 50〜250μs 0〜80mA

マイクロカレント
周波数 出力
0.2 Hz, 0.3 Hz, 0.5 Hz, 1〜10 Hz, 100〜300Hz 0〜900μA


 

EMSダイエットトップページへ
EMS-Diet
トップページへ
ツインビート2紹介ページへ
ツインビート2
製品紹介へ
ツインビート購入ページへ
ツインビート2
購入ページへ

 | ツインビートEMS | ツインビート2 | お支払い・送料 | EMSについて | ショップ情報 |
EMSダイエットはドラッグほうれん草が運営しています。

E-mail : info@ems-diet.com